増田俊男からのお願い
TOPへ戻る
「緊急レポート」は毎月発行の小冊子とは別の商品となります。
「緊急レポート」はご協力金へご協力頂いた方々へのみお贈りさせて頂きます。
1)製品詳細
詳 細
光陰矢の如し、2014年も半年が過ぎ、また協賛金お願いの時になりました。

ご協力下さる読者の皆様に感謝の気持ちを込めて「緊急レポート:どうなる世界の政治・経済?」を贈呈させていただきます。ご希望の方は7月22日までにお手続きをお願い致します。
本年に入りアメリカ経済の成長率は下がっているのにNY株価が高値更新を続けているのは何故でしょう。
またNY金も1,300ドル台を回復しましたが、このまま上昇は続くのでしょうか。
FRB(連邦準備理事会)はGDP(国内総生産)比25%(約400兆円)という史上最大の金融緩和をしましたが、市場原理に従えばドル価と購買力低下で物価と金利が上昇するのに物価は低迷、低金利が維持されています。FRBが連続的国債購入で国債利回りを下げ、政策金利ゼロ(0.25-0%)に誘導しているからです。こうした人工的金融市場操作はアメリカが建国以来誇って来た「市場の自由」冒涜したことになります。
歴史は市場の自由が失われた時は必ず「市場の反乱」が起きることを教えてくれます。

2008年9月のリーマン・ショック前の6月、当時財務長官、元ゴールドマン・サックス会長のヘンリー・ポールソン氏はNYSE(ニューヨーク証券取引所)に各界の超大物約30名(内一人は私の友人)を集め、「Freddie MacとFannie Mae(二大住宅金融公庫)が財務危機に瀕しているので準備するように」と伝えました。30名と関係筋はすべての金融資産を売却、またヘッジファンドの大物たちはポジションを一転して売りに切り替えました。その直後ポールソン財務長官は「住宅金融公庫2社の財務状況は全くもって問題なし」と議会証言しましたが、それからわずか2か月後(9月)2社は財務破綻に追い込まれ、辛くも国民の税金で救済されたのでした。今月(7月)バーナンキ元FRB議長召集(2度目)で同じ30名がNYで集まります。私はその会議情報の入手後中国の友人(要人Q氏)と連絡を取り合うことになっています。
氏は本年私のアドバイスで2014年4月24日に予定されていた中国人民銀行の金保有高発表を中止させたと考えられている人物です。

自由を奪われた市場の反乱、着々と進むNY市場大暴落の進捗状況、米中政治の裏舞台、2019年まで続く中東内乱とウクライナを発端にユーラシア諸国に広がる内戦、緊張高まるアジアの領海、、世界に地政学的緊張と混乱を仕掛けたのは誰か、、等々「見えない世界」を一刀両断します。世界の要人たちと皆様の代表として立派に渡り合えるようになれたのもひとえに皆様のおかげです。深く感謝しています。
2) 価格・発送方法
○1口¥3,000-(消費税込み)
※複数口歓迎!ご協力者への緊急レポート(非売品)プレゼント!
  銀行振り込み
『お振込み完了』をもって手続き完了となります。
※三菱東京UFJ銀行 
 池袋西口支店 
 普通 3964107 カ)マスダトシオジムショ
※増刷分残数わずか!
3) 配送先
ふりがな
氏 名
住 所

会社名
 
 *送り先に会社を指定する場合にご記入ください。
電話番号

FAX番号

メール
口数
               

ご意見・ご要望
※増刷分残数わずか!
ボタンは一回だけ押してください。